土木積算ソフトH25年10月版 の変更点

土木積算ソフトH25年10月版 の変更点

・単価検索のバージョンアップ
・秋資材等単価変更
・施工パッケージ方式による積算
・全日出版、機械設備、電気設備(県別単価へ変更)

平成25年7月版の主な変更点

1、下記工事種類で一部変更がありました。
1-1、 土地改良
(1) 下記工事名称で歩掛の変更がありました。
共通工張ブロック工 ,鉄筋コンクリート柵渠機械据付
ブロックマット設置工 ,建込簡易土留
(2) 盛土・埋戻の諸雑費率が改定されました。
1-2、 水道工事
(1) 現場管理費率が変更になりました。
(2) 端数調整の諸雑費行が追加されました。
1-3、機械設備
(1) 土工機械バックホウの運転歩掛が変更されました。
(2) プラスチック桝の歩掛が新設されました。
2、市場単価
2-1、平成25年春版に更新しました。
2-2、下記工事の施工規模が3分類から4分類に細分化されました。
区画線工の施工規模 ,ガードレール設置の施工規模
ガードパイプ設置の施工規模 ,転落防止柵の施工規模
2-3、薄層カラー舗装・樹脂系すべり止め舗装の規格等が変更されました。
3、下記機能を追加しました。
(1) 戻る機能
削除した項目を1つ前に戻す機能を追加しました。
(2) 印刷フォーマット
お客様独自の見積書等の表紙作成を支援できるようにしました。

H25年10月 単価検索の変更点—->

カテゴリー: お知らせ, 更新情報   パーマリンク